東村アキコさん作の少女漫画「海月姫(くらげひめ)」は、Kiss(講談社)で連載されていた少女漫画。

能年玲奈さん(倉下月海役)・菅田将暉さん(鯉淵蔵之介役)などをキャストとして実写映画化され、2014年12月27日より劇場公開されました。

この記事では、実写映画版「海月姫」のフル動画の無料視聴方法を紹介。

\ 31日の無料お試しあり /
U-NEXTで
フル動画を視聴する

結論:実写映画版【海月姫】を無料視聴するならU-NEXTなどの見放題配信がおすすめ

「海月姫」の実写映画を視聴するのにおすすめなのは、以下の動画配信サービス

  • FODプレミアム
  • U-NEXT
  • AmazonPrimeVideo
  • TSUTAYA TV
  • ビデオパス(旧auビデオパス)

のいずれかを利用する方法です。

 

上記すべての動画配信サービスでは、「海月姫」実写映画版のフル動画が見放題配信されています。

(2019年12月20日時点)

 

動画配信サービスを利用する場合、通常は月額料金を支払って動画を視聴する必要がありますが、初回登録だと「月額料金が免除される」無料トライアル(無料お試し)をそれぞれの動画配信サービスが実施しています。

 

無料トライアル期間内であれば、「海月姫」の実写映画を無料視聴できます。

無料トライアル期間に解約すれば、月額料金を請求されることがないので、気軽にお試しできます。

 

【海月姫】の実写映画版の配信状況

実写映画版「海月姫」が見放題配信されている動画配信サービスの配信状況は下記表の通りです。

動画配信サービス名 海月姫の実写映画 無料トライアル期間 月額料金(税込)
FODプレミアム 見放題配信 1ヶ月間 976円
U-NEXT 見放題配信 31日間 2,189円
AmazonPrimeVideo 見放題配信 30日間 ・月間プラン500円
・年間プラン4,900円
TSUTAYA TV 見放題配信 30日間 1,027円
ビデオパス 見放題配信 30日間 618円

上記表は2019年12月19日時点の情報です。最新の配信状況は各動画配信サービスの公式サイトでご確認ください。

 

ほかにも「海月姫」の実写映画を配信する動画配信サービスはありますが、それらのサービスでは有料のレンタル作品として取り扱われているので、上述の見放題配信されている動画配信サービスでの視聴をおすすめします。

 

(Netflixでも「海月姫」の実写映画が見放題配信されていますが、日本では無料トライアルを利用できなくなったので、初回登録でもいきなり月額料金が発生するようになりました。

Huluでも「海月姫」の実写映画が見放題配信されていますが、配信期間が2020年1月12日までなので、上記表に書かず、除外しました。

2019年12月26日時点)

\ 30日の無料お試しあり /
AmazonPrimeVideoで
フル動画を視聴する

パンドラやデイリーモーションでの【海月姫】の視聴は危険

Pandora(パンドラ)やDailymotion(デイリーモーション)のようなサイトで、「海月姫」実写映画版の違法動画が投稿されている場合がありますが、

  • 動画を見つけるのが面倒
  • 動画がすぐに削除されることも多い
  • 動画があっても画質・音質が悪い
  • フル動画とは限らない

など、快適に視聴しづらいです。

 

なにより、スマートフォンやパソコンがウィルス感染する危険性があるので、動画配信サービスで合法的に視聴することをおすすめします。

動画配信サービスなら、動画を探す手間もなく、良い画質で快適に視聴できます。

 

まとめ

「海月姫」の実写映画は、フル動画が見放題配信されている以下の動画配信サービスでの視聴がおすすめ。

  • FODプレミアム
  • U-NEXT
  • AmazonPrimeVideo
  • TSUTAYA TV
  • ビデオパス(旧auビデオパス)
\ 1ヶ月の無料お試しあり /
FODプレミアムで
フル動画を視聴する